体験授業

社会起業大学 体験授業 当日の進行(東京本校の例)

第一部 「社会貢献に必要な要素」
社会起業大学 運営事務局 自己紹介ワークをしながら、ご自身の関心のある分野を参加者と 共有します。同じ想いを感じ、社会貢献と自分らしい仕事について 語り合います。

第二部 「社会起業大学の体験授業」
これから事業を立ち上げる方をゲストスピーカーにお招きして、 事業計画を発表して頂きます。その事業計画を参加者と一緒に、 グループワークを行い、事業計画のブラッシュアップをしていきます。 多様な視点で行う意見交換は、参加者全員の大きな気づきを与えてくれます。 これが社会起業大学の特徴、協働学習「ピア・ラーニング」です。

第三部 「社会起業大学の提唱するソーシャルバリューとは?」
ソーシャルアントレプレナーの育成に限定したビジネススクール、 本学の特徴を解説し、どのように社会性と経済性の両立を担保するのか。 社会起業大学のカリキュラムや卒業後の活かし方、また、社会起業大学が 求める人物像についてお話致します。
※質疑応答、グループ相談あり。

社会起業大学 体験授業 当日の様子

2010年12月からスタートし、過去300名近くの方が参加された体験授業。90%以上の方が、参加して「満足した!」と回答されました。
体験授業は、通常3時間で行っておりますが、どんなことをしているのか?お伝えしたいと思います!

主な流れとしては・・・

1.自己紹介ワーク
2.社会起業家・社会的起業とは?
3.体験授業
4.社会起業大学のカリキュラムの説明
5.質疑応答

となっております。

ちなみに参加者の年齢は大学生から70歳代の方まで業界・職種もバラバラ、会社員、経営者、NPO職員、主婦、学生、起業準備中の方など様々です。


まず最初に、社会起業大学の運営事務局よりご挨拶をさせていただきましたら、早速、参加者同士の自己紹介になります。

皆さん、お一人でのご参加のため、最初はちょっと緊張気味・・・

2種類の独自の自己紹介ワークを行い、ご自身のお話をして頂きます。
ついつい熱い想いがあふれ出てきて、話しすぎてしまうこともしばしば・・・
参加者の緊張もかなりほぐれます!


続いては、社会起業家・社会的起業について、具体的な事例を挙げて、ご説明いたします。


体験授業に参加される方は、社会起業家に興味をお持ちの方がたくさんおりますので、じっくりと聞いて頂いております。
例えば、先日は株式会社いろどりの葉っぱビジネスを例に挙げ、ご説明をさせて頂きました。

続いては、いよいよ体験授業!

まずは簡単に授業の流れについて説明いたします。
その後は、これから事業を起こしていく方が、ご自身の事業についてのプレゼンテーションを行います。

ご自身の過去の経験から事業への想い、具体的な事業内容などについてプレゼンを行いため、ついつい力も入ります!

聞いている方も真剣です!
15分のプレゼンテーションが終わったら、参加者からの質問タイム。質問タイムが終わったら、プレゼンテーション内容についてのディスカッションがスタート!
模造紙とポストイットを使い、テーマに沿って議論していきます。

もちろん、厳しいコメントも飛び交います!
それも、発表者の成功を想ってこそ。お互いに高めあいます!

グループごとに出てきた意見をまとめ、発表を行います。


グルーピングされた意見をさらに深堀りし、発表者にフィードバックしていきます。
頂いたフィードバックは、今後の事業改善のヒントになっています。

そして、参加者に書いていただいた模造紙は、発表者のおみやげとなります。きっと家に貼られることでしょう!

その後は、社会起業大学のカリキュラムの説明を行い、質疑応答を行い、体験授業は終了となります。
最後は、勇気を出してプレゼンした発表者を囲んで記念撮影!


盛りだくさんすぎて、3時間を越えることもしばしば・・・
終了後は、名刺交換、情報交換を行い、ネットワーク構築の場としてもご活用頂いております。

このような感じで、毎回体験授業を開催しております。
少しでもご興味お持ちの方、日程はこちらですよ!
お気軽にご参加ください!

過去に開催した説明会 参加者の声

O.A様(32歳・男性)

「非常に分かりやすく、自分のやりたいことが見つかりました。
 どうしても企業の利益追求の姿勢に疑問を感じていたときだったので、社会起業家や社会貢献の活動の実態など知れて、自分も参加できるんだ!とモチベーションが沸きました。」

M.A様(28歳・女性)

「あっという間の体験授業でした。
 体験授業ということで最初は少し緊張しながら構えてしまっていましたが、 授業が始まると皆さんの熱い社会への想いを出し合っていく雰囲気は、会社では味わうことのない新鮮な気持ちでした。

 社会貢献、国際協力、NPOとか普段は気にしていなかったことが、働きがいとピタッと重なった瞬間、もっとこの授業を受けてみたいと思いました。」

E.S様(45歳・男性)

「日頃から週末には地元の小学校で野球チームのコーチをしています。
 地元と根付いたコミュニティー形成も目的としているのですが、なかなか志と活動資金の捻出のバランスがとれず、悩んでいたときに体験授業を受けました。

体験授業で一緒になったお隣の方が、偶然にも隣地区での野球チームの監督でしたので、地域を越えた合同の町おこしイベントをしようという話で盛り上がりました。
 今は法人営業をしているのですが、近い将来、野球チームで地域活性できるような社会的企業の運営に携わりたいと考えています。
 その準備として、社会起業大学の通学を前向きに検討したいと思います。」

H.W様(24歳・女性)

「新卒で社会人になって今年で3年目です。
今の仕事でやりたいことが見つからず、転職を考えていました。
転職先も何か社会問題を解決するような仕事をしたいと漠然と思っていましたが、なかなかそういう会社はありませんでした。
両親や友達に話しても「そんな会社ない」と言われるだけで、日々、流される毎日でした。
今日の社会起業大学の説明会に参加して、「そんな会社あるんだ!」とわかったので、さっそく、もっと調べたいと思います。」



体験授業 申込フォーム

入力事項(は必須項目です。)

お名前 姓 :
名 :
ふりがな せい:
めい:
PCメールアドレス
(▼確認のため再入力)
携帯メールアドレス
(▼確認のため再入力)
ご連絡先お電話番号
都道府県
年代
社会起業大学を知ったきっかけ Yahoo検索
Google検索
facebook
twitter
別のサイトを見て
社会起業大学からのメルマガ
別のメルマガ
テレビ報道
新聞記事
雑誌
オルタナ
オルタナ・オンライン
家族・友人・知人から聞いた
ラジオ、FMを聞いて
その他
体験授業の日程選択
学んでみたいこと・ご質問など

個人情報の取り扱い(プライバシーポリシー)にご同意の上、チェックボックスにチェックをつけて、送信してください。
個人情報規約の詳細は「こちら」をご参照ください。

同意する